HOME > 例会 > 12月例会・卒業式

12月例会・卒業式

12月例会・卒業式

いよいよ、本年度の締めくくりとなる12月例会・卒業式が近づいて参りました。
2020年度理事長テーマ「和心を以て途を成す~未来への途を今私たちが創り拡げる~」のもと運動、活動を展開した一年間を総括し、次年度への活力に繋げて参ります。
また、卒業生の皆様に対し、入会されてからの長きに渡る青年会議所活動に敬意を表するとともに、思い出に残る一日となるよう、正会員一同お待ちしております。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、来場が困難である卒業会員、正会員および特別会員の皆様に対して、WEB(ZOOM)によるLive配信をいたします。
※12月例会・卒業式はクローズ例会の為、一般の方のご参加はご遠慮いただいております。

「12月例会・卒業式 事業報告」
12月12日(土)京都ホテルオークラ4階暁雲の間において12月例会・卒業式を開催いたしました。
 12月例会の冒頭では足立五郎理事長、山野修平直前理事長そして、京都JCシニアクラブ会長平井誠一先輩からのご挨拶の後、総務・広報委員会による出席優秀者表彰がありました。続いて行われた伝達式では、足立五郎理事長から石山慶2021年度理事長予定者に理事長バッジ、プレジデンシャルリース、JCI旗、JCキーの伝達、続いて直前理事長バッジの伝達が行われ、最後に石山慶2021年度理事長予定者より、次年度に向けた運動、活動に対する意気込みを述べられました。
 引き続き同会場では、多くの特別会員の方々ご参列のもと、卒業式が執り行われました。卒業会員一人ひとりがご登壇され、入会当時からの思い出話や、現役メンバーへの激励を交えた想いの詰まった現役最後のスピーチを披露されました。その後、現役会員代表の中島涼太副理事長より送辞が送られ、卒業会員を代表し同年会長高畠誠監事より現役会員に対し答辞をいただきました。
 最後には、例会運営委員会より一年間の運動、活動への協力に対する御礼と次年度への引継ぎが行われ、正会員全体で「若い我等」を斉唱し、12月例会・卒業式は閉会となりました。
今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、忘年会は中止となりましたが12月例会・卒業式は、ZOOMでのリアルタイム配信を交えたハイブリット開催となりました。残念ながら会場にお越しいただけなかった現役会員や特別会員、何よりもご家族の方々には、ハイブリット開催をすることによって多くの方々にご覧いただき無事に卒業生を見送ることができました。

ページトップへ